【もしかして浮気?】の場合はほぼ浮気をしています

一番近くで見ているあなたが感じる「女の勘」はほぼ間違いなく当たっています。

お一人で悩んでいませんか?

総合探偵社シークレットサービスでは浮気調査・不倫調査を依頼するにはいろいろな選択肢があると考えます。お子様のことを考えてやり直す道を選択されるケース、或いはきちんとした証拠を揃えてご主人にも浮気相手の女性にもしっかり慰謝料を請求し、有利な条件で離婚を進める道を選択されるケース。或いは浮気相手の女性だけは許せないから慰謝料を請求し、ご主人には二度と同じ過ちを繰り返させない為に調査されるケース。
いろいろな選択肢があるからこそ【決定的な証拠】【調停・裁判で勝てる証拠】が何より重要となります。

一番大切なことはあなた自身の幸せとお子様の幸せです。今のままで良いのか。それとも今の状況を変えなければならないのか。勇気を出してご相談ください。総合探偵社シークレットサービスが全力でお手伝いをさせていただきます。

男性の浮気相手との出会い

浮気相手との出会いの多くは職場、または仕事関係になります。しかし近年急激に増加しているマッチングサイトやSNS、出会い系サイトも同じ程度の割合となっています。誰にも気づかれずにスマホ一つでいつでもどこでもアクセスできるのですから、出会いを探している者にとっては手放せないアイテムとなっているようです。

また、マッチングサイトやSNSなどの普及に伴い「浮気」「不倫」に対して罪悪感を持たない者が多いことも特徴です。

画像をアップロード

浮気の証拠・不倫の証拠とは

浮気の証拠・不倫の証拠とは法律の世界では「不貞の証拠」と呼び、これは「性行為の存在を確認ないし推測できる証拠」のことを指します。仮に調停や裁判に発展した場合、証拠が不十分だと不貞行為は適応されず、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」が適応されてしまいます。その場合、慰謝料は取れないこともありますし、取れたとしても金額は大幅に減額されるケースが多くなります。そのようなことを避ける為、必ず同じ相手と継続して接触・交際している証拠。複数回のホテル等の出入りの証拠を収集します。

証拠はあなたを守ります

■極めて行動が怪しいが一切証拠が無い
■浮気に関して切り出すと逆切れをする
■浮気をしていることを認めて反省してほしい
■相手の出方次第で今後どうするか決めたい
■浮気相手の女性に慰謝料を請求したい
■離婚に向けて証拠を揃えたい
■相手に離婚を切り出されているので阻止したい

どのようなケースでも確実な証拠があれば怖くはありません。また日本の法律では基本的に浮気をしている側(有責配偶者)からの離婚の申し立てをすることはできません。仮に申し立てられても確実な証拠があれば阻止することができます。

またご自分から離婚調停の申し立てをして相手の浮気(不貞行為)を立証するにはあなたが証拠を提出しなければなりません。(立証責任)

どのような証拠を提出すれば立証されるのかはこちらのページをご覧ください。調停・裁判で勝てる証拠

浮気が原因で数年後・数十年後に数百万から数千万の損失になることも

ご主人が交通事故や病気によって亡くなってしまった。すると全く知らない親子が現れ、「この子はあなたのご主人の子供です。相続権があるから遺産の相続をします。」というまるでドラマのワンシーンのような思いもよらないトラブルが実際には多く多発しています。

そんなバカな話はない。私たち家族は外に子供がいるなんて聞いたことも無いし、今更そんなことを言われてもあなた方にお金を渡すなんてあり得ない。そう思われるのが普通の感情です。しかし、仮にご主人が過去に浮気をしていた場合、このトラブルに巻き込まれるケースはじゅうぶん想定されます。

納得できないかもしれませんが、もしもご主人が家族に内緒で認知をしていた場合、愛人の子供は立派な法定相続人となる。(民法880条第1項)

一般的に「認知」と言われていますが認知にもいろいろな種類があり、よく言われている認知とは「任意認知」のことを指します。任意認知とは父親が自分の子供だと認めた時点で成立するので、任意認知した時点で父親の戸籍に子供の名前が記載されます。それとは別に「遺言認知」があり、遺言書に子供が自分の子供であることを認めていれば遺言認知が成立します。遺言認知の場合は父親の死亡後に父子関係が成立し、戸籍に名前が記載されます。

ご主人が認知をしていなくても推定相続人となるケースもある。

任意認知や遺言認知とは別に「死後認知」というケースもあります。父親の死亡後3年以内に 検察官を相手に認知請求訴訟を起こすことで、出生時にさかのぼって父子関係を生じさせる方法です。遺言認知は父親が生前に遺言において行うものですが、死後認知は父親の死亡後に行われる点に違いがあります。場合によってはDND鑑定等を行うこともありますが、父子関係が認定されると法定相続人となります。

このようにご主人の浮気相手に子供がいた場合、資産・財産・生命保険等を相続させなくてはいけなくなり、数百万から数千万の損失となってしまいます。

そのようなことも考慮しますと、ご主人の浮気問題は早期発見・早期解決が最善の道のりと言えることは間違いありません。

【パパ活】は立派な不貞行為となります

【パパ活】とは・・・

女性が経済的に余裕のある男性をターゲットにし、1回食事をするだけで数千円から数万円の報酬を受け取る。更に性的関係を結び追加で数万円の報酬が女性に支払われる仕組みとなっていますが、中には「月契約」と称して毎月数十万円の報酬を女性に支払い、定期的にその女性とデートや性的関係を継続している男性も多く存在しています。

多くの男性は気軽にパパ活を行っているかもれしませんが、異性と性的関係を持てば立派な不貞行為となり、配偶者に対して慰謝料の支払い義務が発生するほか、重大な離婚事由となることとなります。 また、あなたはご主人だけではなく相手の女性に対しても慰謝料請求の権利があります。


ご主人がパパ活をしている場合、以下の調査が可能です。

・接触している頻度
・相手との関係(食事やデートのみ・性的関係有無等)
・接触している証拠
・ラブホテル・シティホテルの出入り等の法的証拠の確保
・相手の氏名・住所・勤務先・学校等の判明
・相手が配偶者以外に接触している異性について
※その他ご依頼者様の要望により各調査に対応

調査を依頼するタイミング

浮気調査は「あれ?おかしい」と思った時が依頼をするタイミングです。そのまま様子を見ていても状況は悪化するばかりです。万一今後警戒されてしまったり相手の女性が妊娠してしまうこともあります。また急に離婚を切り出してきて、後に「夫婦関係の破綻後」と主張してくることもじゅうぶん考えられます。不貞の証拠は撮れる時に撮ることが鉄則です。今すぐ動くことはお考えではない方も、浮気には3年という時効が存在します。証拠を手に入れてからゆっくりお考えになることを強くお勧めします。