証拠を手にしてからが最も重要

どのようなケースでも無料で万全のアフターフォローを徹底しております

浮気調査・不倫調査で証拠を揃え、その後どう動くのか。それによって今後のことが大きく変わることがあります。証拠を手にした後は下記のケースが多く見られます。

1、今すぐ動かないが、今後何かあった時に自分を守る。

2、現在配偶者から離婚話をされている。

3、こちらから離婚話を切り出す。

4、協議は行わず、離婚調停を申し立てる。

5、既に弁護士に相談中であり、証拠の提出を求められている。

6、離婚するつもりはないが、配偶者に協議を求める

7、離婚するつもりはないが、愛人に協議を求める

8、証拠を持って弁護士に相談する

9、自分の力で配偶者・愛人と協議をする。

プロのカウンセラーがアドバイス

証拠を手にしてからどのように動けば良いか全くわからない。そのような方がほとんどです。当社の相談員は 一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)認定メンタル心理カウンセラーの資格を持っております。プロのカウンセラーが適切なアドバイス・フォローをさせていただきます。配偶者や愛人と話し合い、慰謝料を請求したい。離婚成立までさせたい。

しかし両者と協議を行うことは簡単ではありません。離婚成立までとなると、配偶者との取り決め等項目が非常に多くあります。慰謝料の金額から支払い方法。養育費の金額、財産分与。きちんとした協議を行い法的に認められる書面に残す必要があります。そのようなサポートも最後まで行いますのでご安心ください。

顧問弁護士のいる探偵事務所

当社には探偵事務所では非常に少ない「顧問弁護士」がおります。提携弁護士ではなく顧問弁護士ですので、法律相談は無料となっております。どのような些細なことでも相談が可能となっております。離婚問題や家庭問題に関して非常に得意としている弁護士ですのでご安心ください。